【賃貸でもNURO光を開通できるワザ】工事について知っておこう!

NURO光(ニューロ光)は大家さんから工事の許可がおりにくい?

NURO光(ニューロ光)を申し込みしようと決めたら必ず必要になるのが開通工事です。

新しく家を立てたひとならもちろんなんの不安もなく工事の手続きに入れます。

ですが、賃貸契約をしている物件の場合は少しややこしい話になります。

NURO光を開通したくでも、開通工事に対して大家さんからの許可がでないことが多いのです。

NURO光は圧倒的な速度の速さが魅力ではあるものの、2013年からサービス開始したばかりのまだ知名度が低いサービス。

『NURO光の開通工事をしたいんですけど…』と連絡してみたところで、
知らない回線の名前を出されて、一体どんな工事をされるのかわからない…!

という理由から、開通工事を嫌がる大家さんが多いです。

大事な物件なので、もう『工事』ってワードにも拒否反応があるかもしれませんね。

2017年現在、NURO光の光回線を自宅に開通するためにはいくつか条件があります。

ご自宅がNURO光のエリア内で開通できる条件が揃ってて、ここであきらめるのはちょっと残念ですね。

今より安く速くインターネットが使うことができるかもしれないのに…!

そうならないために、NURO光の工事についてしっかり理解して、わかりやすく内容を説明することでトラブルなくスムーズな開通工事をしていきましょう。

NURO光の開通工事の内容

結論から言うと、NURO光の開通工事は大掛かりなことはありません。
本来は大家さんが危険視するようなものではないと考えられます。

まずは、NURO光を開通するとして「どこをどう工事するのか」について、開通工事の内容をご紹介します。

NURO光の工事は2回!別々の会社の業者が作業する

NURO光が他の光回線と違う点は、開通工事が2回ある点です。

『宅内工事』(家の中に設置)と『屋外工事』(家から電柱までの回線)をそれぞれ別作業しなければいけません。

宅内工事と屋外工事の図

NURO光はNTTが現在使用していない光回線(ダークファイバー)を利用しているので、屋外工事はNTTが行うことになります。

ですがNURO光はそこに基準の違う通信規格(GE-PON)を採用するために独自でモデムを開発したため、屋外から引いてきた回線を今度はNURO光の側で設置する必要があります。

なので宅内工事はSo-netが作業する、なので2度工事することになるんですね。

そしてこの工事は2回とも立ち会いが必要になります。

宅内工事の概要

一回目に行われる宅内工事では、自宅外壁に光キャビネットを取り付けます。

壁面に3箇所、4mm程のビスでキャビネットが留められるとのことです。

光キャビネット寸法 外壁への光キャビネット取り付け例
光キャビネット

横:77mm
縦:183mm
奥行:37mm
取り付け例

そして光キャビネットから自宅内へ光ケーブルを引き込みます。

引き込み方は自宅の設備に沿って3通りあります。

外壁への光ケーブル固定例
光ケーブル固定例

そして引き込んだ光ケーブルをコンセントに設置します。

「光アウトレット」「光ローゼット」の2種類の形状があります。

光アウトレット 光ローゼット
光アウトレット
光ローゼット
光アウトレット施工例(既存配管を利用) 光ローゼット施工例
光アウトレット
光ローゼット

最後に光コンセントとONUをつなぐ光コードを配線し、ONUを設置します。

屋外工事の概要

屋外工事では、電柱から光ケーブルを引き込んできて、外壁に設置した光キャビネットへと接続します。

今後、お部屋を退去する際は、光キャビネットと光コンセントはそのまま設置されることになります。

有償で撤去工事ができます。

工事期間について

NURO光を申し込みしてから、開通してインターネットが使えるようになるまでの流れと期間をまとめました。

【1.】NURO光へ申し込みをし工事日を決める

まずは申し込みです。申し込み時に工事日が決定する場合は宅内工事まで約10日間程かかります。 宅内工事日がきまっていない、または調整をする場合は20日程かかる場合があります。

【2.】宅内工事

宅内工事日の2日~前日までに訪問時間の連絡がきます。ここで必ず立ち会いが必要です。(代理可)

宅内工事が完了してから、屋外工事日の予定調整が始まります。屋外工事まで約10日間程かかります。

【3.】屋外工事

こちらも当日までに訪問時間の連絡がきます。宅内工事と同じく立ち会いが必要です。

【4.】利用開始

屋外工事が完了すればその日からNURO光でインターネットを利用する事ができます。

工事の予定調整にかかる期間から判断すると申し込みから10日~30日程かかる見込みになります。

2月~4月の引越しシーズンだとこの工事日の予定調整で3ヶ月かかったということもありますので、2回工事がある都合上、早めに申し込みをすることをおすすめします。

工事の料金について

NURO光の開通工事には費用がかかります。

NURO光の開通工事 40,000円(1,333円×30ヶ月の分割払い)

土日祝に宅内工事を行う場合は、土日祝工事費として3,000円が加算されます(屋外工事は土日祝でも加算なし)。土日祝工事費は、開通翌々月以降に請求されます。

初期工事費無料をうまく使ってお得に行おう

現在、NURO光は公式キャンペーンで初期工事費無料のキャンペーンを行っています。

工事費は月額料金に1,333円×30ヶ月の分割払いが加算されます。

ですが1,334円 × 30ヵ月の月額割引キャンペーンがおこなわれていますので実質負担0円になります。

さらにNURO光の正規販売代理店から申し込みすれば、工事費無料にくわえてキャッシュバックがもらえます。

販売代理店のなかでも特におすすめしたい代理店はキャッシュバックが35,000円で、さらに代理店独自のキャッシュバックが最短1ヶ月で受け取れる株式会社アシタエクリエイトです。

株式会社アシタエクリエイトへのお申し込みはこちら

【まとめ】大家さんからNURO光の開通工事の許可をとるには

穴あけは正直に、撤去時の相談もしておこう

NURO光の回線工事だけれどもNTTがきて作業すると伝えたら理解度アップ

光キャビネットの取り付け時に外壁に穴を開けることを必ず伝えて許可を貰うこと

光キャビネットは次の入居者も使えるし、撤去することもできるので事前に相談しておこう

大家さんは物件に傷が着くことを心配しているので、光キャビネットの取り付け穴についてはしっかり伝えておくことが大事です。

穴は直径約4mm程度の微小なもの。
きちんと伝えれば大家さんにも納得してもらえるのではないでしょうか。

工事は2回ありますが、簡単におわりますのでぜひNURO光で安くて速いインターネット回線を使うことをおすすめします。

MENU